アクセサリーのひとつ

アクセサリーのひとつ

携帯の普及で、もういらないかなと思うもの、ありますね。
携帯はデジカメの代わりにもなるし、時計の代わりにもなります。
写真が撮りたければ、携帯で撮ればいい。
時間が知りたければ携帯を見ればいい。

 

まあ、それはそうなんですけど、でもやっぱり、こだわりがある人にはどちらも必要です。
特に腕時計は、時間を知るという本来の機能だけではなく、「身につける」という意味が大きいと思います。
身につけるということは、それなりに納得したモノを選びたいと思いませんか。
しかも、いつも目に触れるものですから、なんでもいい、というわけにはいきません。
自分が見るのと同じくらい、他人からも見られる部分ですし。

 

だからだと思うのですが、腕時計をしない人が増えた分、腕時計をしている人は「選んでるな」という印象の人が多いようです。
なんのこだわりもなければ、しなくていいわけですから。

 

何年か前から、店に行っても、かなり凝ったデザインのものを見るようになりました。
好きなモノを探して、身につける。
その点から見て、腕時計は、服やアクセサリーと同じような役割ですね。