母からの贈り物

母からの贈り物

"先日、実家に私と姉が帰省している時、母が急に、「あなたたちに腕時計を買いたい」と言い出しました。
一体何のことかと話を聞くと、「大して財産は残せないし、分配も面倒だから、生前贈与じゃないけど、形あるちょっと高価な腕時計を贈りたい」とのことでした。

 

もちろん、そんなものいらない、と私たちは辞退しましたが母は納得しません。
買ってもらうことが親孝行だ、とか言って引き下がらないので、半分仕方なくまず姉が買ってもらうことになりました。

 

三人でデパートの高級宝飾売り場に行きました。
私も姉も宝飾品に興味がなく、普段そんなところに足を踏み入れないから、それだけでドキドキです。
床だって何だか立派な絨毯張りなんですね。

 

世界の名だたるメーカーの腕時計を色々見せてもらいました。
よく、一生ものだから、ボーナスで買っちゃったー、と聞くような腕時計を姉はぼんぼんはめていきます。
ただ高いだけじゃなくて、色々違いがあるなんて初めて知りました。

 

結局姉は付け心地重視でエルメスの腕時計に決めていました。
デパートに入った時点ではあまり時計に興味がなかった私も、たくさん腕時計を目にするうちに何だか欲しくなってきてしまいました。