心を捉えたブルー

心を捉えたブルー

初めて就職した時、父親が贈り物として時計をくれました。
日本製で高価な物ではなかったですが、シルバーのチェーンに文字盤が白で針が黒
シンプルな物で大変気に入りました。
その時に思った事は、腕に時計をつけると大人になったと実感出来る、という事でした。

 

それから私は時計好きが始まりました。
仕事場では、父からの贈り物が活躍し、プライベートでは、お手頃なポップな物を買って
仕事後に付け替える事までしました。

 

ある年、カルティエの店の前に立ちました。
私の目に、文字盤の上に置かれた美しいブルーが飛び込んで来たからです。
そして私は買いました。カルティエ ソロです。

 

初めは何か特別な時に着けようと思っていました。
でも、一度自分の腕に付けるとあのクールなフェイスとシャープなブルー・カラーに魅了され
仕事帰りに付け替えたりして、優雅な気分にを楽しんでいます。
こういう気持ちも、大人の女性になる為には必要なんだなと、今では思っています。
スマホも持たない私には高価な時計ですが、腕のソロを見ると、思わず微笑みたくなります。